日々試行しながら未来へ進む


by ogw-m

モートピ245:ブラジル、2年ぶりに0.5%金利下げ、12%に

◆モーサテトピックス
・野田新内閣、きょう発足
・下旬に日米首脳会談
・日、新車販売、22.4%減少
・投降期限、1週間延期
・NYダウは、119ドル安の11493ドル
・ドル円は、76.80円台
・米8月新車販売、日本勢が苦戦。米企業は堅調な伸び
・米製造業の景況感が悪化
・米、大手チェーン店既存店売上高、ハリケーンで減少
・ソリンドラが事実上破たん、太陽光発電事業
・米10年債利回りは、2.132%
・欧州株、ドイツ以外は上昇

・ユーロ円は、109.70円台
・NZD円は、65.40円台
・日10年債利回りは、1.045%に上昇
・今日のドル円の予想レンジは、76.30円から77.30円
・今日の為替のポイントは、米雇用統計
・シカゴの日経平均先物は、8995円。大証終値9060円を下回る
・今日の日経平均予想レンジは、8900円から9100円
・今日の日経平均のポイントは、米経済指標 vs 政策への期待感
・昨日の日経平均は、105円高の9060円

・エマージングトピックス
・ブラジル、2年ぶりの利下げ。0.5%下げ、12%に
・中国、上半期業績はやや低調。金融引き締めで資金借り入れ困難
・韓国、8月の消費者の物価、5.3%上昇。3年ぶり高水準
・世界の株価、上げ下げまちまち

・丸部に、洋上風力発電の大手と提携
・復興対応へゼネコン起債、鹿島や大林組100億円
・日本、実は高金利。実質金利でみると。円高の弊害がある
・中国の輸出に減速懸念。生産は堅調

以上
[PR]
by ogw-m | 2011-09-02 06:11 | モーサテ