日々試行しながら未来へ進む


by ogw-m

タスクシュート勉強会を会社でやりました

はじめに

急に思い立って、先週の水曜日に会社の職場の人たち3人に対して、タスクシュートの勉強会を実施しました。それは、昨年末の「スピードハック総決算2010」の中で、知っているだけではだめで「行動を通してできるようになっていただきたい」、そして「人に教えられるようになることを目指す」とお話があったので、やってみようと思いました。

急に思い立ったのは単なる気まぐれですかね。ただ、せっかく自分が使っているタスクシュートという考え方、TaskChuteというツールを、他の人にも知ってもらいたかったのは事実です。

それら全ての思いが足されたり掛け合されたりして、今回のタスクシュート勉強会の実施に至りました。

開催案内

今回の勉強会開催にあたり、展開した開催案内のメール文面を以下に掲載します。一部展開した文面を修正しています。ちょっと長文ですが、せっかくですので全文を掲載します。



昨年末に実費で受けてきた6時間の社外セミナーにて、「タスクシュート」というタスク管理の考え方を学んできました。その考え方の実践のためのツールとしてTaskChuteというものがありますが、昨年末からずっと使い続けています。
◇TaskChute
http://blog.pasonatech.co.jp/search.php/tag=TaskChute
・このメールを書くタスクの見積もり時間は30分です。
 (実績は、25分でした)
・このメールを書いている時点の今日の終了予定は、19:37です。
上記のようなことが一覧で見渡せる作業リストがTaskChuteです。ToDoリスト、タスクリスト、チェックリストとは違います。また、単なる記録とも違います。そのあたりの実際に2ヶ月近く使ってみての感触を交えて、タスクシュートというものが何かを紹介できればと思います。
自分はタスクシュートをはじめてから、こんな変化がありました。
・定時になっても周囲は帰る素振りがないなかで、
 堂々と気兼ねすることなく帰れるようになりました
・いちにちでできる自分のタスクの量を把握できるようになりました
・作業終了時刻を意識して業務をするようになりました
・何をしたらよいかを考えている時間が減りました
・終わりの見えない作業の山にやる気をなくすことがなくなりました
・考えてるようで何もしない時間を最小化することができるようになりました
・目の前の作業に集中することができるようになりました
…などなど。
この効果はあくまで私が体験した効果ですが、なにかしらいい変化が生まれるはずです。

このタスクシュートというタスク管理手法の勉強会を下記の日時で行います。
日時:2011/2/23(水) 18:00〜19:30(予定)
場所:○○会議室
費用:なんと無料
参加希望の方は、私までメールで返信をお願いします。
また、周囲で展開したい方がいれば展開して貰って構いません。
参加される方はぜひ、PCを持参してください。TaskChute(Excelファイル)を配布して、使い方も紹介します。


勉強会の概要

勉強会の資料は、以下の場所に公開してあります。Web上でFlashで表示をしてくれるWebサイトです。前々から存在は知っていましたが、公開する資料がなく最近まで忘れていましたが、今回の件で資料を公開しようと思ったとき、なんかそんなサービスがあったようなと調べ直してここにしました。

handsout
http://handsout.jp/

自分のマイページ
http://handsout.jp/user/home/1543

資料は、ライトニングトークス風になっています。あんまり凝った資料は自分は作れないのでこうしています。

勉強会の流れは、上記の資料にも書いてありますが、下記のような流れでした。

(1)はじめに:
自分の一日の時間の使い方を紹介(これは大橋さんもセミナーの中でご自身の時間の使い方をご紹介されていました)するところからはじまり、TaskChuteのメリットと習慣を変えるためのポイントを紹介しています。そして、ワークとして毎日やってること、かかさないことを5分で挙げて貰いました。

(2)タスクシュートとは?:
タスクシュートの特徴を3つ説明しています。そして、自分が2ヶ月使ってみて実感した効果について挙げています。そして、ここでのワークとしては明日取り組むタスクを書きだす、ということをやってもらいました。

(3)TaskChuteとは?:
TaskChuteの概要と基本的な使い方を説明して、そのあとに自分が使っていて便利だなと思ってやっていることや、こういう風に自分は使ってますということを10個のTipsとしてまとめて説明しました。最後のワークとして、明日のタスクをTaskChuteに入れてみるというのをやってもらいました。みなさんにPCを持ってきてもらってましたので、実際に操作をして貰って、ワーク2で書きだしたタスクを入れて貰いました。操作が分からなければ、その場で教えました。

さいごに

今回、本資料の公開にあたり、快く公開を許可していただきました大橋さんに、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

今回、文言を引用させてもらいましたが、その出典元は昨年末のセミナーの「スピードハック総決算2010」になります。講演の様子が収録されたDVDが以下で販売されていますので、ご紹介しておきます。私も頭の後ろが写りこんでいるかもしれませんね。

当日の会場の雰囲気であるとか、大橋さんと佐々木さんの掛け合いで進む話の内容であるとか、お値段分以上の価値はあると思います。タスクシュートの詳しい考え、進め方なども説明がありました。ご興味のある方は以下のリンクからどうぞ。

◆スピードハック総決算2010
http://otogaku.resistance1.com/clk.php?sid=336&iid=119

また、2週間後くらいに社内でタスクシュート勉強会をやろうかと思っています。今年中に、社内にTaskChuterを100人にすることが目標です。

以上
[PR]
by ogw-m | 2011-03-02 23:37 | TaskChute