日々試行しながら未来へ進む


by ogw-m

001:TaskChuteとiPhoneが好きです。なので…iPhoneアプリ作る!

TaskChuteが好きです

昨年の年末まで、会社の作業記録を数年間付けていました。
そんななか、たまたまWebページをみていたところで、昨年末のシゴタノ!さんのセミナー、
「2011年を変える6時間セミナー/スピードハック総決算」
を受講させていただき、その中でタスクシュートという考え方と、TaskChuteというExcelのツールについて知り、学びました。

Excelで作られたツールということで、これは会社でも使えると思い、早速会社でも使おうと思いました。そして、その次の週の月曜から会社でTaskChuteを使い始めました。

もともと、Excelで作業記録を付けていたこともあって、ExcelのツールのTaskChuteにはすぐに馴染みました。会社で仕事をしているときにも、違和感がありませんし。

単純にExcelで作業記録を付けているときと違って、すぐにその効果を感じ始めました。一番大きかったのは、終了時刻を意識できることです。

単純に作業記録を書いているだけでは終了の予測は立てようがありませんが、TaskChuteは違います。見積時間を入れますので、終了予定が自動で出てきます。

これが新鮮な感覚でした。
自分は基本残業はしないで帰ろうと考えているのですが、定時刻では周囲は動かず、その中で自分だけ帰るのは、やや抵抗感がありました。
まぁ、それでも帰ってはいたのですが。

その抵抗感がTaskChuteを使い始めてからなくなりました。
「自分は自分のなすべきことをやった。だから帰るんだ」
と、自分を納得させて帰ることができ、すっきり帰れるようになりました。

あと、ルーチンとしている明日以降のタスクも決まっていったり、未来に予定を入れやすくなったりといろいろと別のいいこともありましたが、またそれは別の機会で。

そんなTaskChuteをオフの時間でも使おうと思いましたが、ハードルが高かったです。




TaskChuteを自宅でも動かそうと試行錯誤

まず、自分は自宅ではMacBookを使っています。デスクトップのWindows機はありますが、その前にいる時間はとても短いです。TaskChuteはWindowsのOfficeでは動いていましたが、MacOSXのMicrosoft Office評価版を入れてみて試してみました。少々エラーが出るのと、なによりひとつの動作で結構時間がかかります。Windowsでの動作スピードはでないようでした。

それでは、クローンを作ってはどうかと思い、Google AppsのCalcでスクリプトを使ってできるのではないかと少し作りかけてみました。結果は、おそらく同じような動作をするクローンを作るのは可能だと感じました。しかし、こちらでもMacBookなどのパソコンの前で作業をすることが前提です。
OSの壁は超えられそうですが、場所の壁は超えられそうになかったので、現在は中断しています。

それでiPhone

それでは、いつでもどこでも持ち運んでいて、記録が取れるのはなにか。
そう考えたとき、すぐに思い浮かぶのがiPhoneです。

それでは、iPhoneの表計算アプリでやればいいのではないか。そう思いましたが、こちらはスクリプトが組めそうになく、TaskChuteのような操作感はできないと判断しました。

なので、今はToodledoとTogglの合わせ技でTaskChuteに近いことをやっています。でも、違うんです。本当は、この2つのアプリでできることを1つのアプリでやりたいんです。

Dockの消費を1つにしたいのです。

世の中にiPhoneで使えるTaskChuteアプリがないのであれば、それを一番使いたい自分のために、自分で作るしかないと思った次第です。

まだ、使い始めて日は浅いのですが、そのくらい、TaskChuteがツールとして好きなのです。

最初の画面イメージのメモ

e0224347_21533457.jpg

画面イメージのメモをショットノートで書いてみました。本当はもう少し綺麗に直したものをアップロードしようと思いましたが、せっかくなので最初に書いた画面イメージからアップロードしようと思いました。

左がメイン画面、右が各タスクの詳細画面のイメージです。
どちらの画面でも、上部に現在時刻と終了予定を常に表示します。
また、画面の下部には操作の機能を割り当てたアイコンを表示します。
機能アイコンは、メイン画面と詳細画面では異なるはずです。

メイン画面は、タスクがリスト状に並んでいます。
1つの項目では、「タスク名」「見積時間」「開始時間」「終了時間」が表示され、実績の開始/終了時間を記録するためのボタンと、詳細画面へ移るボタンを付けます。

詳細画面ではそれぞれのタスクの情報を編集できます。
見積時間や時間帯、開始/終了時刻の編集などは、こちらの画面で行います。

今見返すと、改善の余地がまだまだありそうです。
その課程も、公開していければと思っています。

最後に

進みは遅いと思いますが、まず自分が使いたいという思いがありますので、少しづつ前には進んでいくと思いますので、温かく見守ってください。。。
[PR]
by ogw-m | 2011-02-15 22:04 | 開発